日焼けでできる湿疹

日焼けが原因の湿疹は医学的には日光皮膚炎

日焼けになると、肌がつっぱったような感じになったり、ひどい場合は水ぶくれができたりすることがあります。
さらに、湿疹ができるケースもまれにはあるのです。

 

日焼けが原因の湿疹は、医学的には日光皮膚炎と呼ばれるものです。
日光皮膚炎は、放っておいても自然に治るということはまずないので、必ず皮膚科を受診することが大切です。

 

日光皮膚炎は、紫外線を多量あびてしまい、肌が炎症を起こして湿疹ができたものです。
症状にはほかに、むくんだり水疱ができたり、発熱症状を訴えるケースもあります。

 

日光皮膚炎と思しき症状が現れた場合、とにもかくにも皮膚科を受診して診断を仰ぐことです。
通常の日焼けのように、ローションやクリームで済まそうとすれば、湿疹が治まるどころか、症状が逆に悪化することがあります。
皮膚科では、医師による診断の上、患者一人一人の症状にあった塗り薬や飲み薬を処方してくれます。

 

日焼けによる湿疹の予防には

湿疹は不治の病ではありませんが、最初からできないに越したことはありません。
手軽にできる対策としては、日焼け止めを使うことです。
これはSPF値がよく問題になりますが、SPF値はそこそこのものを、数時間おきに1日に何回も塗り直すのが、肌への負担を最小限に抑える一番の方法です。

 

日焼け止めは、紫外線を吸収させるタイプと散乱させるタイプがあるのですが、吸収タイプは紫外線を無力化するために熱を発し、湿疹の原因たり得るので、どちらかといえば散乱タイプの方がオススメです。

 

そうはいっても、ベストなUV対策は、紫外線が強くなる時間帯の外出はできるだけ避けることです。
過度の日焼けは美肌の大敵でもあるので、紫外線を存分に浴びる事だけは避けたいものです。

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア