日焼けを治す薬

日焼けを治す薬にはどんな種類がある?

後のことを考えると、日に焼けないように注意するのが一番なのですが、焼けてしまったものは仕方ありません。
少しでも早く元通りになるように、日焼け治す薬でしっかりと治療です。

 

日焼け後のアフターケアとして、日焼け治す薬は、ローションタイプのものが主流です。
どのメーカー品でも大概、日焼けによる炎症を鎮める成分が入っています。
日焼けは軽度のやけどなのであり、原理的にはやけどを治す薬を、より穏やかに作用するようにしたものだと言えます。

 

また、日焼けを起こした肌は、肌の潤い分が極度に低下した状態にあります。
ローションタイプの日焼け治す薬で保湿効果も期待できます。日焼けした肌に、美容液や化粧水で刺激するのはリスキーなので、ケア期間中は化粧は控え、日焼け治す薬で、ひたすら炎症を鎮め保湿に励むのがベターです。
入浴時も、患部に石けんがかからないようにすると、回復を早めることにつながります。

 

水ぶくれができるほどの日焼けなら皮膚科での処方薬も

日焼けがひどく、水ぶくれができるほど悪化した場合は、皮膚科を受診するのがオススメです。
つい手で水ぶくれを自分でつぶすと、細菌感染で炎症を起こしたり、あとが残りやすくなったりします。
大抵、水ぶくれは10日ほどで治まってくるものですが、気になる場合は、やはり医師に診察してもらうと安心です。

 

さらに、日焼けがあまりにもひどくて、日焼け治す薬を使っての自己ケアが手に余る場合、皮膚科ではしばしば消炎鎮痛剤が処方されますが、ごく短期間ステロイド剤が使用される場合があります。
高血圧などで投薬している人は、診察時に医師に申告すると良いでしょう。
日焼けに伴って、発熱や脱水症状などが現れた場合、入院が必要になるケースもあります。

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア