日焼け止めで肌荒れ

肌のダメージを抑えるために使った日焼け止めで肌荒れ?

肌が日に焼けるのを避けるために使っているのに、日焼け止めで肌荒れとなったら、その使っているものに原因を求めない訳にはいきません。
それまで使っていたものを変えただけで、症状が治まるケースは多々あります。

 

日焼け止めの容器や説明書を見ると、SPFがいくらとか、PAの+の数がいくつとか書いてあります。
結論から言うと、SPF値が高いほど、PAの+の数が多いほど、UVカット効果が高いのですが、ここで判断基準を誤ると、日焼け止めで肌荒れの原因になりかねません。

 

例えば、SPF値が高いものは、確かにUVカット効果も高いのですが、油分の含有量が高く、肌への負担も大きくなります。
結果的に、日焼け止めで肌荒れになっては泣くに泣けません。
特に、敏感肌であったりすれば、なおのこと選択に当たっては注意が必要です。

 

日焼け止めで肌荒れをふせぐためのSPFやPAは?

肌への負担のことを考えると、日焼け止めで肌荒れをふせぐためには、SPFやPAは、むしろ低いものを選んだ方が賢明です。
低SPFやPAのものは、UVカット効果の持続時間が短めであることから、数時間おきに1日に何回も塗り直すことが必要になりますが、油分の使用が控えめであるメリットがあり、日焼け止めで肌荒れを起こすより、はるかにましです。

 

また、日焼け止めは紫外線吸収剤を使用したタイプ、紫外線散乱剤を使用したタイプに分けられます。
前者は肌へ刺激になりやすく肌荒れの原因となり得るので、後者のタイプの方がオススメです。

 

ちなみに形状も、ローションタイプ、クリームタイプとあり、使いやすさの点でローションタイプがリードしている模様です。
ですが、肌に優しいことを念頭に置くならば、クリームタイプや乳液タイプの方に軍配が上がります。

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア