日焼けと食事

食事はこんなものを取り入れたい

一般的に日焼け後は、ローションなどの薬を使うのが効果的ですが、日焼け治す食べ物は、体の内側から肌を修復してくれます。
即効性はないにしても、うまい献立を考えれば、食事を楽しみながらできるのがメリットです。

 

まず健康な肌の構成成分として、タンパク質は必須です。肉類や魚介類を始め、畑の肉と呼ばれる大豆類にも豊富で、日焼け治す食べ物として挙げられます。

 

美肌成分として評判のコラーゲンは、日焼け後のケアにも必須成分です。
手羽先や豚足が筆頭に挙げられますが、うなぎにも豊富に含まれています。

 

日焼け治す食べ物の中でも、ビタミンは美肌に重要な成分として知られています。
中でも、ビタミンCは、肌の健康には欠かせない成分です。

ビタミン類のたくさん入った食品は必須

ビタミンCには、シミなどの元凶として知られるメラニンの生成を抑え、すでにあるメラニンを薄くする働きがあります。ピーマン、いちご、かんきつ類などが代表的な食べ物です。

 

美肌成分としては、ビタミンB群も重要成分で、日焼け治す食べ物としても欠かせません。
ビタミンB2はメラニン沈着を促す過酸化脂質の活性化を抑え、ビタミンB6はタンパク質代謝に関係しています。

 

ビタミンB2は、乳製品や海藻類、豚や牛のレバーなどに多く含まれています。ビタミンB6は、さつま芋やバナナ、マグロやサバなどの魚介類にも豊富です。

 

さらに、カロテンはビタミンAの前駆体として、ビタミンEは高い抗酸化作用を誇り、紫外線対策、日焼け治す食べ物としても有望株です。
カロテンは、緑黄色野菜に豊富で、うなぎやチーズなどにも多く含まれています。
アンチエイジング成分としても有名なビタミンEは、落花生やタラコなどに豊富な成分です。

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア