日焼け対策の飲み薬ランキング

日焼け対策の飲み薬ランキング

ネオビタホワイトプラス(第3類医薬品./錠剤)

評判ボタン

ビタミンCにL-システインと天然型ビタミンE、さらに皮膚の皮脂腺の働きを調節する持続型のビタミンB2を配合したビタミン剤/ビタミンC/錠剤。

【効能・効果】
・次の場合のビタミンCの補給:
肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期
・次の諸症状の緩和:
しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
・次の場合の出血予防:
歯ぐきからの出血、鼻出血
「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師または歯科医師に相談してください。」

 

@コスメでの口コミ

ネオビタ

※引用元/http://www.cosme.net

 

ハイチオールCプラス(医薬品./錠剤)

評判ボタン

代謝を助けることによって“シミ”と“全身倦怠(疲れ・だるさ)”の両方に効果を発揮するお薬。

【効能・効果】
●しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
●全身倦怠
●二日酔
●にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ
-------------
L-システイン…240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)…500mg
パントテン酸カルシウム…24mg
-------------
シミの原因であるメラニンの過剰な生成を抑制し、肌に沈着した黒色メラニンを無色化し、さらに肌の代謝(ターンオーバー)を助けて過剰にできたメラニンをスムーズに排出します。

@コスメでの口コミ

ハイチオール

※引用元/http://www.cosme.net

 

シオノギ製薬 シナール(第3類医薬品/錠剤)

評判ボタン

しみ・そばかす・日やけなどによる色素沈着の緩和に効果のあるビタミンC主薬製剤(L-システイン配合)です。

【効能・効果】
●次の諸症状の緩和
しみ、そばかす、日焼け・かぶれによる色素沈着。
●次の場合の出血予防
歯ぐきからの出血、鼻出血。
「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師または歯科医師にご相談下さい。」
●次の場合のビタミンCの補給
肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期
-------------
6錠(成人1日量中)の含有量
アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg
L-システイン 240mg
パントテン酸カルシウム 24mg
-------------

@コスメでの口コミ

ネオビタ

※引用元/http://www.cosme.net

日焼け用の飲み薬

日焼けは日光や紫外線により皮膚が炎症している状態。
いってみれば軽い火傷と同じですから、冷やしておけば、自然におさまります。
多くのケースでは半日から1日、長くても2〜3日でおさまります。
その間、炎症を抑えたり、痛みや皮膚の過剰な反応を抑えるために、抗ヒスタミン剤といったアレルギー薬、ロキソニンなどの痛み止めが必要になることもあります。

 

問題は、その後のダメージです。
肌表面の肌荒れやメラニン色素の発生などにたいしてのケアもしておくことがおすすめ。
皮膚科のクリニックなどでも処方してもらえますが、それに近い医薬品も市販されているので、そちらを利用するのも選択肢です。

他の日焼け後ケア

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア