日焼け治すクリーム

日焼けを治すクリームとは?

日焼け肌への処置方法としては、まずは冷やすことが先決です。
冷水で濡らしたタオルを患部に当てたり、保冷材を使う場合は、肌に直接あてるのではなく、タオルに包んでからあてます。
広範囲に日焼けしている場合は、ぬるめのシャワーを浴びると良いでしょう。
その上で、日焼け治すクリームを効果的に使うならば、軽度の日焼けには、それで十分です。

 

日焼けした肌は、水分が非常に不足した状態にあります。
だからといって、保水のために普通の化粧水を使うと、それが肌を強く刺激することがあるので、日焼けが治まるまでは化粧はひとまずお休みして、日焼け治すクリームでしっかりケアに努めるのが賢明です。

 

日焼けを治すクリームとして古くから伝わるのがアロエ

古代ギリシャやローマの時代から、やけどに効くハーブとしてアロエが知られています。
現在では、科学的にその効能が証明されたこともあって、スキンケア用品の主要成分として人気が高く、日焼け治すクリームとして多くの市販品にも配合されています。
アロエの有効成分により、肌の火照りを抑え、保湿効果も期待できます。

 

また、日焼け後は治まった後も、シミなどの後遺症への対策も必要です。
アロエなどのハーブが入っている日焼け治すクリームでケアすると同時に、美白ケアも併せて行うと効果的です。
美白用品は、顔用、ボディ用で配合成分が異なることが多いので、患部がある部位に応じて、マニュアル通りに使い分けると間違いはありません。

 

なお、日焼けによるはれがひどく、痛みが続き、水ぶくれまででき、日焼け治すクリームで対応しきれない段階にあれば、皮膚科を受診するのが賢明です。
軟膏なり飲み薬なり、日焼けの状態に応じたベストな対処法を提供してくれます。

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア