日焼け後の美白ケア

日焼け後の美白ケアとは?

日焼けケアの基本は、患部を冷水で冷やすことと保湿ケアを充実させることにあります。
早めに対処しておけば、日焼け解消を通り越して、美白も不可能ではないでしょう。

 

日焼けした肌は、軽くやけどをしたも同然であるので、何よりも患部を冷やすことが先決です。
冷水で濡らしたタオルを当てたり、保冷材を使う場合、タオルでくるみワンクッションおくのがコツです。

 

冷やした後の日焼けケアは、水分を補充して保湿することです。
化粧水を使う場合は、普段よりたっぷりと使い、柔らかく清潔なコットンで、やさしく軽く押し当てるようにパッティングするのがコツです。

 

化粧水や乳液が刺激になるという場合は、刺激の少ないローションやクリームで済ませ、スキンケアは当面お休みです。肌が悲鳴を上げている時に、ゴリ押しのケアはNGです。

 

食事やサプリによる美白のための日焼けケアもある

ローションやクリームが体の外からのケアだとすれば、食事やサプリは内側からの日焼けケアです。
とりわけ、美白成分としても知られるビタミンCは特に重要です。

 

ビタミンCの摂取で、メラニンの生成を抑え、できてしまったメラニンに対しても、薄くしてくれるので、美白効果が期待できます。
レモン、いちご、キウイなどが、ビタミンC豊富な主な食品に挙げられます。
日焼けケア期間中は特に、たっぷりととるようにすると、美白にも効果的です。

 

恐ろしいことに、日焼けでできたメラニンは、放置しておけばシミの元となります。
シミ化防止には、美白化粧品の利用がオススメです。
特に評判なのが、皮膚科でも使われているハイドロキノンという美白成分です。
化粧品への配合濃度は、医薬品と比較すれば低レベルですが、日焼けケアにはおあつらえ向きと言えます。

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア