アトピーの日焼け止め

アトピーの日焼け止め選びは?

アトピーの人は、そうでない人にまして紫外線対策に神経質にならざるを得ません。
だからといって今の時代、全く外出しないワケにもいきません。
そこで、アトピーの日焼け止めを効果的に使って、攻めのケアと行きたいところです。

 

アトピーの日焼け止めで、留意すべき点は、成分に何を使っているかです。市販品を大きく分けると、紫外線吸収剤を使用、紫外線散乱剤を使用の2つに大別されます。

 

まず、紫外線吸収剤としては、オキシベンゾンやメトキシケイヒ酸オクチルといった成分が代表的です。
確かに、こうした紫外線吸収剤やチタンなどの金属成分が入った日焼け止めは、UVカット効果は高いのですが、肌への刺激が強いのがデメリットで、アトピーの日焼けとしては不向きと言えます。
デリケートな肌には、紫外線吸収剤が入っていないタイプが無難な線です。

 

アトピーが使う日焼け止めの成分について

また、肌の状態が比較的良好で、ちょっと外出する程度であれば、肌に負担をかける日焼け止めを使うより、長袖や帽子を着用し、日焼けしやすい部分を守るほうがよいかもしれません。

 

そして、外出中でも、ちょっと肌に火照りを感じるようなら、水で冷やしたタオルを患部に当てるだけのケアだけでも、症状はだいぶ治まります。

 

一般の日焼け止めには、しばしば界面活性剤が使われているのですが、これも肌に刺激になることがあり、肌のバリア機能の破壊につながります。そこで、アトピーの日焼け止めとしては、UVカット効果が高く低刺激性であることは外せないポイントですが、同時に界面活性剤の使用・不使用も気になるところです。

 

最近では、オーガニックの日焼け止めミルク紫外線吸収剤フリーの敏感肌用日焼け止めクリームなどもあります。そういった製品をお試ししてみて、肌に合うようであれば、上手に使いたいものです。

 

●100%天然オーガニック処方で白浮きしないUVミルクHANAオーガニック・ノンナノ日焼け止め

 

●擬似角層で肌を守る敏感肌用美白化粧品(紫外線吸収剤フリーで紫外線を強力にカットするミルクがサンプルでついてきます)ディセンシア・サエル

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア