日焼けの治し方

日焼けを治す方法

日焼けには、日光に含まれる熱線による火傷と、紫外線によるダメージとがあります。
日焼けの治し方も、この両方を考えなくてはいけません。
皮膚科クリニックでの治療から自宅でのデイリーケアまで、その治し方や対処法にもいろいろなアプローチがあります。詳しくは上のバナー画像からどうぞ

 

日焼け肌の美白ケア
日焼け肌の保湿ケア
日焼け肌に優しい石鹸
全身にも使える塗り薬で治す
飲み薬で治す
食べ物で日焼けケア
サプリで日焼けケア
日焼け後の火傷ケア

 

また、肌を傷めない日焼け止めについてはこちらをどうぞ。

 

肌にやさしい日焼け止め

日焼け肌には「ダメージ肌トリートメント」+「メラニン対策」の両輪が必要

日焼けには注意をしていても、気がついたらお肌がぴりぴり、鏡をみたらなんだか肌が黒くくすんだ感じに…。そんな日焼けや、日焼けによる肌のくすみなど、なんとか少しでも早く治す方法はないかと誰もが思うところですが、一時的な「赤み」はともかく、発生したメラニンケアは、3日や一週間でも基本的に難しいがあります。
なぜなら、肌の正常なターンオーバーは、若い人でも28日ですから、元通りに戻るまででもそのくらいかかります。
逆に、それよりも短期間で「美白は可能」という化粧水や美容液があったら、それはちょっと危ないかも。
ロドデノールを使った強力な美白化粧品で白斑トラブルが多発した事件もまだ耳に新しいですし。

 

それでは、28日間、放置しておけばイイ、というわけではありません
少しでも日焼けを早く治したいのならば、紫外線や熱線によってダメージを受けた皮膚をきちんとケアしておく必要があるのです。
その、「ダメージトリートメント」+「肌内部に発生・沈着するメラニン対策」の両方をきちんと行うことがポイントになります。
日焼けした肌の内部ではさまざまなことが発生しています。

 

●紫外線と熱によって表層のバリア層が損傷
●それいよって乾燥肌になる⇒ターンオーバーが乱れやすく
●メラニンの発生⇒増えすぎや沈着しないように

 

こういったダメージをやさしくトリートメントするのが保湿ケアになります。
また、日焼けで肌の色が黒くなる、シミができる、ダメージによってシワが残るといったことも防ぎたいところ。
一時的にメラニンが生成されるのは正常ですが、それが異常発生したり残ったりするのを抑える、つまり「日焼け後の美白ケア」も、忘れてはいけません。

日焼け肌を治すには=肌表面のバリア層のリペア+保湿+美白ケア

日焼けした肌にやらなければいけないトリートメントは、次の3つがあげられます。

 

●荒れてしまった肌のバリア層の修復
●乾燥しがちな皮膚の保湿ケア
●メラニンの爆発増殖を抑える美白ケア

 

しかも、大切なことは、この3つを「肌を傷めずに行う」ということです(日焼け肌はとっても傷んでいます)。
特に3つめの「美白ケア」は、ふつう「攻め」のケアになりますから、刺激の強い成分を使いがち
たとえばハイドロキノンなんかは普通肌でも刺激を感じることがありますから、傷んだ日焼け肌には使いたくありませんね。

 

でも、この3っつを「肌を傷めず」にケアできる方法ってあるの?

 

実は、敏感肌・乾燥肌用の美白コスメに応えがありました。
敏感肌・乾燥肌は、もともと肌表面が荒れており、バリア層も傷ついています
そんな肌でも安心・安全に使えるように作られた美白コスメがすでに販売されているので、いろいろリサーチして、できれば「お試しセット」などで自分の肌に試してみましょう。

デリケートな日焼け肌をトリートメント&ケアする方法や美白ケア化粧品・サプリメント
それぞれのランキングや詳細はこちら▼
美白保湿石鹸塗り薬飲み薬食べ物ケアサプリケア火傷ケア